top of page
  • 執筆者の写真Ryuji Kanemoto

【記載例付】建設業許可の変更届|役員等に変更(就任・退任等)が生じた場合

更新日:3月17日

建設業許可の変更届 役員等の変更


建設業許可を取った後の届出の中で、役員等の変更に関するものは忘れがちです。


「会社法上の役員変更登記は期限通りに行ったけれど、建設業法上の届出義務があることまでは知らなかった」というのはよくある話です。


建設業許可業者は登記申請だけでなく、許可行政庁への変更届も忘れずに行わなければなりません。


具体的にどのような場合に届出が必要かを押さえておきましょう。


本記事では、必要な書類と書き方まで解説しているので、ぜひご参考にしてください。



▼目次



建設業許可の問合せ先


法人の役員等に関する届出事項と提出期限


法人の役員等とは

取締役のほか、相談役や顧問、議決権100分の5以上を有する株主等

役職名にかかわらず取締役と同等以上の支配力をもっている者も含まれます。

役員等の一覧(様式第1号別紙1)」に記載されている者が該当することになります。

【届出事項】

取締役、相談役、顧問等が就任した場合

代表者の変更が伴う場合あり


取締役、相談役、顧問等が退任・辞任した場合

経営業務の管理責任者であった場合は、別途変更手続きが必要


以下のリンク記事もあわせてご確認ください。


●あらたに株主等に該当した場合


株主等に該当しなくなった場合


役員等の氏名が変わった場合


【提出期限】

事実発生後30日以内


届出ができていない状態では、許可の更新や業種追加の申請を受け付けてもらうことができません。また、罰則規定もおかれているので、提出期限には十分注意しましょう。



届出に必要な書類


届出事項によって必要な書類が少し異なりますが、それぞれの書類の意味を考えれば迷わず判断できます。


大阪府知事許可の場合、以下のようになります。


取締役、相談役、顧問等が就任した場合

①変更届の表紙

②変更届出書[第一面](様式第22号の2)

③役員等の一覧表(様式第1号別紙1)

④誓約書(様式第6号)

⑤登記されていないことの証明書 ※法務局発行

⑥身分証明書 ※本籍地のある市町村発行

⑦役員等の調書(様式第12号)

⑧商業登記簿謄本


取締役が代表取締役に、代表取締役が取締役に就任する場合、④、⑤、⑥は不要

令3条使用人が取締役に就任する場合、④、⑤、⑥は不要

取締役以外の場合、⑤、⑥、⑧は不要


取締役、相談役、顧問等が退任・辞任した場合

①変更届の表紙

②変更届出書[第一面](様式第22号の2)

③役員等の一覧表(様式第1号別紙1)

④商業登記簿謄本


※取締役以外の場合、④は不要


●あらたに株主等に該当した場合

①変更届の表紙

②変更届出書[第一面](様式第22号の2)

③役員等の一覧表(様式第1号別紙1)

④誓約書(様式第6号)

⑤役員等の調書(様式第12号)

⑥株主(出資者)調書(様式第14号)


株主等に該当しなくなった場合

①変更届の表紙

②変更届出書[第一面](様式第22号の2)

③役員等の一覧表(様式第1号別紙1)

④株主(出資者)調書(様式第14号)


役員等の氏名が変わった場合

①変更届の表紙

②変更届出書[第一面](様式第22号の2)

③役員等の一覧表(様式第1号別紙1)

④商業登記簿謄本


取締役以外の場合、④は不要



必要書類の書き方


役員等の変更の届出にはいくつかの法定書類が必要ですが、書き方はそれほど難しくありません。


注意すべき書類は「変更届出書[第一面](様式第22号の2)」ぐらいです。


【変更届表紙】

大阪府独自の様式です。

他都道府県では特に表紙を付ける必要のないところも多いです。


該当の届出事項に丸をつけます。


変更届の表紙

【変更届出書[第一面](様式第22号の2)】

変更内容を記載する重要書類で、どの届出事項においても提出が必要です。


(記載事例)

・取締役が代表取締役に就任

・前任の代表取締役が退任

・取締役があらたに1名就任

・株主の変更


変更届出書の書き方

【役員等の一覧表(様式第1号別紙1)】

役員等に含まれる人物をすべて記載します。どの届出事項においても提出が必要です。


役員等の一覧表書き方

【誓約書(様式第6号)】

あらたに就任する人物がいる場合に提出が必要です。


取締役が代表取締役に就任する場合や令3条使用人が取締役に就任する場合、退任・辞任の届出のみの場合は提出する必要はありません。


誓約書の書き方

【役員等の調書(様式第12号)】

退任・辞任の届出のみの場合や氏名変更の届出の場合は、提出する必要はありません。


役員等の調書の書き方

【株主(出資者)調書(様式第14号)】

株主等の変更がある場合のみ必要な書類です。


株主調書書き方


 

最後に


あらためて届出が必要な場面をまとめると以下のとおりです。

・取締役、相談役、顧問等が就任した場合

・取締役、相談役、顧問等が退任・辞任した場合

・あらたに株主等に該当した場合

・株主等に該当しなくなった場合

・役員等の氏名が変わった場合

役員の就退任等はよく起こりますが、経営業務の管理責任者や専任技術者のような許可要件というわけではないので、届出にまで気が回りません。


しかし、役員等の変更届は非常に重要なので、本記事を参考に期限内に対応していただければと思います。




この記事の執筆者 金本 龍二(かねもと りゅうじ)|行政書士

アールエム行政書士事務所の代表・行政書士。事業会社で店舗開発に従事。 ディベロッパーや建設業者との契約交渉・工事発注に数多く携わる。その後、行政書士事務所を開設。

建設業専門の事務所として 近畿圏内の知事許可、大臣許可、経営事項審査、 建設キャリアアップシステムをサポート。

 

当事務所では、大阪府知事の建設業許可を中心に申請代理、その他経営事項審査や入札参加資格申請までサポート全般を承っております。建設キャリアアップシステムについても代行申請を全国対応で承っております。


ぜひお気軽にご相談ください。ご相談はお問合せフォームからお願いいたします。




Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page